バナナラボ

Vtuber美作ワニのブログです

【ネタバレあり】今更超時空要塞マクロスを見た

バナナラボのワニです。

突然ですがみなさん超時空要塞マクロスというアニメはご存知でしょうか。最近スパロボαのゲーム実況をはじめてから興味を持ったので、アマゾンビデオでレンタルして早速視聴しました。

www.youtube.com

ネタバレがあるので見たくないよ、という方はご注意ください。

これまでのマクロス経験

実はシリーズでいうとマクロス7マクロスFマクロスΔに関しては視聴したことがあります。 特に7はストーリーと曲、Fは曲に関してはとても気に入っていて未だにライオンなんかはベタですが音楽プレイヤーに入れてたりします。 歌ってロボットが戦うアニメ、というイメージが強くロボットアニメというよりはエンターテイメント的な要素が強い作品だなといずれの作品からも感じていました。

初代だからこその魅力

なんとなく「古き良き古臭いロボットアニメ」みたいなものを感じました。特にロイ・フォッカーや一条輝、そしてリン・ミンメイあたりは当時の時代を感じさせるアニメのキャラクターだなと。 こんな事を言うと怒られますがマクロスをこれまで避けていた理由としては「なんとなくロボットがかっこよくない」という偏見じみた理由から未視聴でしたがスパロボαで実際動いているスカル小隊を見てちょっと興味を持ちました。 今になったからこそマクロスが楽しめるようになったのかも、と後で思いましたが初代マクロスにしかない魅力や面白さが実際に視聴していて詰まっているんだな、と思いました。

愛・覚えていますか

まずとっつきやすい劇場版から視聴してみました。 「どうせロイ・フォッカーは死ぬんだろうな」と斜めに構えた視聴をしていましたが、ロイ・フォッカーの死亡があまりにあっけないというところでまず衝撃を受け、さらに柿崎がそれ以上にあっけない死亡をしていたことにさらに衝撃を受けました。 他シリーズの経緯から「先輩とか隊長とかエース的な人は死ぬんだろうな(金竜隊長やメッサーくんとか)」とか思っていたので二人も死んだことに軽い衝撃を受けました。

初代について見てなかったし、調べたこともなかったので視聴後に調べてみるとあらゆる死亡フラグが初代に詰まっていた、ということも知って楽しめたなと感じました。

テレビ版

愛・覚えていますかを見てからテレビ版を見たのですが、あらゆるキャラの性格や設定が違っていて軽いカルチャーショックを受けた気分になりました。

一方で19話・20話の柿崎が死亡、その次の回で隊長の一条が殉職報告を書いているシーンは愛・覚えていますかにはない死亡に対する深い何かを感じ取れて違った面白さがありました。 ロイの死亡からの柿崎の死亡と一条にバツを与えるかの展開はなかなかえぐいもので、ガンダムでもなかなか見ない光景だったんじゃないかと思います。 またモブっぽい柿崎の死が様々な感情を呼んでいる(生死の中で戦っている一条と、そうじゃないリン・ミンメイの温度感とか)ようにも感じて普通に面白いアニメだなと感じ取れました。 個人的にはゼントラーディ兵と一般兵のやりとりなんかもう少し色濃くしてくれてたら個人的にはもっとよかったなぁぐらいなもんで、キャラも立ってたし当時のアニメも力強いなぁなんて思いました。

偏見から避けていたマクロスを今見て思ったこと

戦闘シーンが迫力があってかっこいいと感じました。これはロボットだから、ではなく戦闘機だからこその魅力もあるのかなと。 ちょっとこれまで避けていたのがもったいなかったな、と同時に今見ていてよかったなと素直に楽しめました。

そんな僕ですが一番気に入ったキャラはやはり柿崎でした。

宣伝

YouTubeでゲーム実況・ゲーム開発の動画投稿および配信をやっています! もしご興味があればチャンネル登録・高評価よろしくおねがいします!

www.youtube.com