バナナラボ

Vtuber美作ワニのブログです

【美作ゲーム学】ゲームプログラミングの学び方(2)

バナナラボの美作です。

今日はゲームプログラミングの学び方の続きの記事になります。

Part.1をまだお読みになっていない方はそちらを先に読んでいただたらと思います。

bananalabwani.hatenadiary.com

関数

オブジェクトに対して決まりごとを実行させたい、というケースがあります。この時に関数を利用して実装します。 以下は前回用意したクラスになります。

public class Character
{
    public string Name;
}

例えばキャラクターはいろんな行動をとることができます。移動を意味する関数と必殺技を取得するを意味する関数をそれぞれ作ってみます。

public class Character
{
    public string Name;
    
    public void Move()
    {
        // 移動の処理を書く
    }

    // SpecialSkillは予めどこかに定義されている前提で書いてます
    public SpecialSkill GetSpecialSkill()
    {
        return default(SpecialSkill);
    }
}

Moveでは移動の処理が実行され、GetSpecialSkillでは必殺技のデータを取得することができます。 このように関数実行によって値を受け取ることがない状態void、何かしら値を受け取りたい場合は型指定をそれぞれ実装します。

内部処理は様々な書き方があるので今回省略しますが、関数とは定義した命令を実行し、その結果を反映もしくは取得を行う機能であることが上記からわかります。

コードを読む準備が整った

Part.1とPart.2を経て変数クラス関数については少しだけわかったと思います。

これらを踏まえてPart.3からはいよいよ実践的な実装をベースに解説をしていきたいと思います!

Part.3の更新について

上記のように実際に作られたゲームでお話していく関係で準備ができ次第の公開になります。しばしお待ちいただければと思います!

宣伝

YouTubeでゲーム実況・ゲーム開発の動画投稿および配信をやっています! もしご興味があればチャンネル登録・高評価よろしくおねがいします!

www.youtube.com