バナナラボ

Vtuber美作ワニのブログです

【実装のヒント】無名関数の活用(2)【Unity】

バナナラボの美作です。

今日も無名関数についての記事です!

bananalabwani.hatenadiary.com

無名関数の外から定義した変数を使うこともできます。

        var v = 0;
        System.Action test = () =>
        {
            v++;
        };
        execute();

上記を実行した場合、v1になります。

        Debug.Log(v);
        test();
        Debug.Log(v);
        test();
        Debug.Log(v);
        test();
        Debug.Log(v);
        test();
        Debug.Log(v);

このように複数実行すると以下のような結果が出ます。

f:id:bananalabwani:20211009231118p:plain

これを利用すれば、細かく作らなくて良いような便利な関数を定義するのも容易になります。

例えばTweenのようにToとFromが必要なケースとかで重宝するかなと思います。

最後に

今日は外で変数を定義した場合の挙動について説明しました。 まだまだお話できるところはあるので次回にお話しようかなと思います!

宣伝

YouTubeでゲーム実況・ゲーム開発の動画投稿および配信をやっています! もしご興味があればチャンネル登録・高評価よろしくおねがいします!

www.youtube.com